こどものほんとおもちゃとおやつのおみせ「てんさらばさらてんさらばさら」の店番をしながら日々感じたことを日記に…
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ - / - / -
<< ははともピクニック | main | 今日も新聞記事から… >>
多国籍企業が支配する食の現在
 映画「モンサントの不自然な食べ物」のお話

モンサントとは…バイオ化学メーカー 除草剤「ラウンドアップ」とそれに耐性がある遺伝子組み換えの種で膨大な利益を上げている多国籍企業だそうです

そう、この映画は「遺伝子組み換え食品」をテーマにした映画 

遺伝子組み換えの安全性を疑うヨーロッパでは栽培も輸入も禁止されているのに対し、日本では、大豆・とうもろこし・菜種・じゃがいも・綿実・甜菜の輸入が許されさらには小麦の解禁も近いと言われているようです 除草剤でも枯れない作物、水が少なくても豊かに実る作物 利益第一に考えた企業によって本物の農業が破壊されてしまうという危機に立たされている現実 

子どもがいる私たちは真剣にこのことについて知っていかないといけませんね 

この映画、9月1日より公開されているようです

私も見たい!! 

最後に、ファーストフード店のフライドポテトのほとんどが遺伝子組み換えだそうです 

子どもたちを守れるのは私たち親だけです がんばりましょう!!

       

        


       

芦川産の新鮮で安全なお野菜を見て、ほっ


 
20:50 / / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
20:50 / - / - / -
COMMENT









Trackback URL
http://tensarabasara.jugem.jp/trackback/322
TRACKBACK