こどものほんとおもちゃとおやつのおみせ「てんさらばさらてんさらばさら」の店番をしながら日々感じたことを日記に…
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ - / - / -
<< 『モンサントの不自然な食べもの』上映会 | main | 囲炉裏を囲んで芦川倶楽部 >>
お気に入りの絵本たち
 

子どもたちはお気に入りの絵本たちを繰り返し繰り返し「読んで!」と持ってきますよね 子どもたちが読む本は年齢とともに変化していく、と思うと買わずに図書館で借りて読もうという考え方もあるかもしれません


しかし、子どもたちは小学生になっても絵本に戻ることもある、それが必要な時があるように感じています


お父さんのお膝の上で読んでもらった感触や、お母さんの声を思い出す、そんな絵本が必ずあると思うのです だから、お気に入りの絵本たちはお家に置いておいてあげて欲しいと思います 図書館に返す必要もなく、いつでも手に取ることができるお家の本棚に…


収納スペースが限られていることで、お下がりであげてしまうこともあるかもしれません それも、もう一度考え直してみてください 絵本を通して共有した時間を思い出してください それがどんなに大切な宝物であるかということを!

お気に入りの絵本たちはたくさんでなくていいのです 貴重なお金を使って買う絵本は本当にいいと思える物を選んで欲しいのです 


そんなお手伝いをてんさらばさらてんさらばさらができたらいいなと心から思っています 


                 



22:08 / こどもの本 / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
22:08 / - / - / -
COMMENT









Trackback URL
http://tensarabasara.jugem.jp/trackback/337
TRACKBACK