こどものほんとおもちゃとおやつのおみせ「てんさらばさらてんさらばさら」の店番をしながら日々感じたことを日記に…
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ - / - / -
<< 初・自主保育 | main | はじめてのベビーサイン >>
3人の子育て
最近のkeiは「おうた〜」と言ってはこの絵本を持ってきます そして私が順番に歌ってあげるのを楽しそうに聞いては満足

この絵本をkeiと一緒に読みながら、「yumeとも一緒に歌ったな〜」と思い出すのです が…どうしてだろう?ayuと一緒に歌ったな〜という記憶はほとんどないような…


ayuとは我が家の次女で3人きょうだいの真ん中 ayuは小さい時から手がかからず、ひとりで遊ぶことが大好きで、絵本もよく私とではなくひとりで眺めていました


「これ読んで!」と小さい時にあまり持ってくることがなかったなあと 当時、私はひとりで遊んでいるからと、それをよしとしていて、ayuとじっくり関われていなかったように思います でもayuから見ると「お母さんは忙しいから」と声を掛けることを遠慮していたのかも! 小さい時から周りを見て空気を読んで判断していたのかも!と思うと切ない 考え過ぎかな? と、時々ayuのことを思い、悩む私


そう思っても日常に追われる私は、今でもやはり手がかからないayuに甘えてしまします いけないな〜〜


13:36 / 子ども / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
13:36 / - / - / -
COMMENT









Trackback URL
http://tensarabasara.jugem.jp/trackback/340
TRACKBACK